「奇跡」

 

 

こんにちは、木村です。

くるりが音楽担当している映画「奇跡」を観ました。

二人の主人公の小学生も、自分の子達とだぶります。

スタンドバイミーを思い出す映画です。

目先のことしか見えなくなっているのは大人のほうで、子供は大人よりいろいろ考えているんだなあ

と気付かされて参りました。

長ーいおみやげ

こんにちは、キムちゃんです。

くろちゃんがズーラシアに行き、お土産を買ってきてくれました♪

img20130527_172855

 

 

いただいたのは「オカ

ピのびのびバウム」。

のびのびっていうだけ

あって、こんなに長い

の!

身長約120㎝の次男と

比べてみました。

img20130527_172925

 

 

子供たちと「切っちゃう

のがもったいないね」

なんて言い合った割に

は、その直後あっさりと

ナイフで切り分けいた

だきました(笑)

ふんわりおいしいー。

くろちゃん、ごちそうさま。

 

 

 

赤ちゃん

こんにちは、くろちゃんです。

昨日は、お休みだったのでお友達の出産祝いに行ってきました。

まだ産まれて2週間なので、産まれたてほやほやです♪

手も足もほんとにちっちゃくて、もぉたまりません!!

終始、「かわいぃ、いいなぁ~」の言葉しか出てきませんでした。

うちの姫たちもかわいい盛りなんですが、やっぱり新生児

いい!(笑)

とにかく癒された1日でした。

DSC_1062

 

給食試食会&親子レク

こんにちは、キムちゃんです。

今日は、この四月に小学校に入学した次男の給食試食会&親子レクの日でした。一年生ってかわいいですね。自分のお父さん・お母さんを見つけたり、お友達のお母さんを見つけただけで大歓声です!先生方、このにぎやかな子供達のお相手を毎日朝から五校時まで本当にありがとうございます・・・。

さて私達、その歓声を浴びながら自分達の給食をお皿によそいました。

img20130521_192840

 

 

 

今日のメニューはゆかりごはん、けんちん汁、肉じゃが、ほうれん草ともやしの胡麻和え、グレープフルーツ、牛乳。

自分の子供と向かい合って座り、いただきました。

img20130521_231144

 

 

 

 

 

 

 

 

どれも味付けがよくて、とっても美味しかったです。栄養も満点ですよね。毎日温かくておいしい給食をいただけて、この学校の子供達は幸せです。

 

 

 

全部食べた子には先生が「ぜんぶたべたで賞」カードをプレゼント。このカードの効果は絶大なんです。みんなカード欲しさにがむしゃらに頑張ります!

img20130521_192804

 

 

 

 

 

 

 

 

 

家では好き嫌いの多い次男もこの通り。よく食べました。給食さまさま、カードさまさまです。

 

お腹いっぱいになった後は親子レクへ。親子リレー(みんな本気!)や玉入れなどで盛り上がりました。

小学校生活は始まったばかり。六年間元気に楽しく過ごせるといいね。

 

 

甲府市役所 新庁舎

こんにちは、木村です。                                               甲府市役所の新庁舎に行って来ました。

IMG_1187

 

サービスも良くなるといいです。IMG_1190

 

ピザーラモントレー

こんにちは、木村です。

今晩は母さんが飲み会でいないため、子供たちと3人で「ピザーラお届け」です。

最近はまっているのが、「モントレー」のカレーソースです。

ポテト、マヨネーズ、コーン、オニオン、ショルダーベーコン、ピーマン入りです。

あまりおいしそうに写真が撮れていないのが残念ですが、とても美味しかったです。20130519182032

 

 

「無色」の魅力

こんにちは、木村です。

先日「つい買ってしまった」村上春樹の「色彩を持たない多崎つくると、彼の巡礼の年」を読み終えました。これまでの多くの作品同様に、若者が抱える孤独と恋愛の話がテーマの中心と感じました。

久しぶりに読みましたが、独特の比喩表現の心地よさは健在で、色と音楽を巧に交えながら進行していく物語はやはりセンスの良いものでした。

主人公の多崎つくるが私と同世代ということもあり、読みながらいまここにいる自分だけでなく、過去からの積み重ねでここにいる自分や、いまのここだけでない時と空間の広がりを思い起こさせてくれました。ただ、主人公が過去を振り返るのと一緒に、その都度私も過去を振り返らせられ、とても疲れもしました。

作中にもあった通り、「個性が人からわかりやすい(個性が強い)人がいればそうでない人もいる」とは、同感です。「色彩を持たない多崎つくる」でしたが、実はとても色鮮やかな方だと思いました。

個性がないと思われがちな「無色」な感じが、実は清潔で謙虚で、繊細で思いやりのある魅力的な人物に感じました。主人公はマイナス思考で陰な性質の持ち主でもありますが、30代後半で、ほんの少しだけど前に進むことが出来たのは気持ちが良かったです。

私自身も、この本を読むことによって、ここのところ仕事に没頭しすぎていて、心が乾き気味だったことに気づくことができました。

 

 

今、夜7時半ですが、子供たちに「GEOにでも散歩にいく?」と言ったら、いつも私にはクールな2人が、「行くー!」とはしゃいでいます。

ペヤングたまご入り

こんにちは、木村です。

20年ほど前になりますが、私は学生時代の多くを祖師谷大蔵の雀荘で過ごしました。今思えばもっと建設的な時間の使い方をしておけば良かったとつくづく思いますが、その時はそれが最高の時間だったのかもしれません。

(写真は、当時と変わらない姿で清潔に保たれている麻雀「天狗」さんの室内です。当時は本当にお世話になりました。)tennnai_02

なぜ急にそんなことを思い出したかというと、今日お昼にたまごをかけてペヤングを食べました。

実は雀荘での食事の定番が「ペヤングたまご入り」でした。貧乏学生でしたので、1食千円前後の店屋物を毎日食べるのは難しく、ほとんど1食200円の「ペヤングたまご入り」を食べていました。夕食と夜食に2度食べることも少なくはありませんでした。

たまごを入れたのは、常日頃「栄養のあるものを食べなさい!」と故郷の母から言われていたことが頭にあり、たまごを入れることで栄養を摂った気持ちになっていたのでしょう。

20130517122817

懐かしく癖になるこの味。2,3分で食べきれるのが、仕事で時間がないときに適しています。

 

 

 

20100911144048

 

最後に、写真はぼけていますが、爽やかな学生さんが楽しそうに麻雀を打っている写真です。この学生さんは一体誰なのでしょう???

 

 

 

 

親子遠足

こんにちは、くろちゃんです。

昨日、長女の幼稚園の親子遠足で多摩動物園に行ってきました。

広く、坂が多い園内を子供たちは走って移動。。。お母さんたちは、ヒーヒー言いながら追いかけていきました。

みんなでぞうさんの前に行くと

DSC_1056

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大きな声で、「ぞ~おさん、ぞ~おさん♪」と大合唱!

微笑ましい、一コマでした。(笑)