おでんの話

こんにちは、キムちゃんです。

このところ急に冷え込んできましたね。

 

今日は夏物をしまったり、こたつを出したりして冬支度をしました。

 

冬支度したらあったまるものが食べたくなって、今夜の夕飯はおでん。

shareimage20131019_192627

 

 

 

 

 

 

 

 

ところが、うちの息子たちからはおでんは不評です。

「今夜はおでんだよ」と言うと、決まって「えーーっ・・・」とブーイングが起き、果てには「納豆ある?」とか。

なんとかしておでん以外のものでご飯を食べようという魂胆です。

 

でもそういえば、私も子供のころおでんが嫌いでした。

 

実家でも冬になるとよくおでんが登場しました。いつもおでんを煮る鍋は決まっていて、白くて四角い、側面に紺とオレンジと赤かなんかのラインの模様が入ったキャセロール鍋。蓋は透明。そのお鍋で母がぐつぐつ煮ているのを見ると、「あぁ、なんだ今夜おでんかぁ・・・」なんてテンション下がったもんです。

 

 

子供の私が好きな具は大根と卵とはんぺんぐらい。当時は餅入り巾着とか気の利いたものはあまり普及していなかったので、鍋の中どこ見ても似たような練り物ばっかり。

絶望的です。

 

もうちくわに至っては憎しみすら感じましたね。

 

いったい、これをおかずにどうやってご飯食べりゃいいんだ?ってな具合で、おでんはそこそこにご飯にふりかけかけて食べてました。息子たちと全然変わりません。

 

 

でも今はおでんが大好きです。好きになったのは15歳年上の従姉、Y姉ちゃんのおかげです。

 

学生時代、東京で一人暮らしをしていましたが、時々河口湖に住むY姉ちゃんが仕事で上京ついでに訪ねてきてくれました。

ある時「美味しいおでんのお店あるよ」と言われ、連れて行ってもらったのが銀座の老舗おでん店・やす幸。澄みきったおだしに、丁寧に下ごしらえされた具材が煮込まれていてとても上品でした。おでんと言われて正直あまり気が進まなかったけれど、いただいてみたらあまりに美味しくておだしも全て飲み干して帰りました。

 

それを機におでんを嫌に思わなくなり、母のおでんも好きになりました。やす幸さんはお値段もそれなりでしたが(Y姉ちゃんのおごりでしたけどね)、おでんに対する負のイメージを払拭できたことを思うとそれ以上の価値があった体験です。今でも従姉とやす幸さんに感謝しています。

 

息子たちがおでんのしみじみとした良さをわかるのはいつのことやら。お酒を飲めるようになってからでしょうか。

 

残念ながら、準優勝

こんにちは、キムちゃんです。

 

5月に一度、我が清水新居ソフトバレーボールチームの健闘ぶりを記事にしましたが、このほどまた試合がありました♪

5月にまさかの3位入賞したときの写真はこちら。

5

 

 

 

 

 

 

 

 

 

メンバーのみなさんもコーチのOさんも明るくて楽しくて、私はこのチームが大好きです。

チームの司令塔・Aさんは引越しのため前回を最後にチームを離れる予定でしたが、今回はまだ清水新居で出られることになったのも嬉しいことでした。

子供がまだ小さかったり習い事や塾の送迎があったりで定期的に練習することは難しいメンバーなので、今回も全員で集まっての練習は一回だけで臨んだそうです。

 

・・・臨んだそうです、という言い方なのは、私は今回からは選手としては参加できなくなってしまったからです。5月の試合の練習時に左膝前十字靭帯を傷めたのが原因です(泣)

前回記事を書いた時点では軽く傷めた程度だと思っていて「早く治して次回はまた出たい」なんて書いたんですが、その直後に検査結果が出、それは手術をせねば今後全てのスポーツは不可能というものでした。

 

手術となると、入院期間は1ヶ月とのこと。歩行困難だったりしたら迷わず手術ですが、日常生活にそれほど支障はないので子供も小さいことだし今はそこまで踏み切れず・・・。

 

 

という訳で自分でプレーできなくなった今は、このチームの「応援団長」ということで参加しています!!

 

 

今回の試合は町内の10チーム総当りのリーグ戦で4日間に渡り行いました。3日目を終えて、なんと全勝!この時点での全勝は、清水新居と西条二区の2チームだけです。

そして最終日、本丸・西条二区との決戦です。経験も練習量も全てにおいて格上の西条二区に、新生清水新居チーム果敢に挑む!!

 

あまりに緊迫していて試合中の写真を撮れなかったのですが、終始2~3点リードし、時に追いつかれてもまた引き離し、なんとなんと30対28で勝利してしまいました!!

 

その後もう一戦試合がありましたが、こちらは順位に関係のないチームとの戦いということで次回の参考にフォーメーションを変えてみたりしました。その結果惜しくも負けはしましたが、はい、順位には関係ないのです。

 

わぁ・・・すごいね・・・優勝だね!おめでとう!!信じられない!!と言って閉会式前にみんなで一枚。

img20131017_124311

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こぼれる笑顔。

ところが・・・なにやら本部に呼ばれて話を聞いてきたコーチのOさん、顔を引きつらせながら私たちに近寄りそしてとんでもない一言が飛び出します。

「最後の試合も、順位に関係あったんだって・・・得失点差の計算で順位が出されて、ほんの僅かの差で準優勝だって・・・」

 

えっっ??

凍りつくメンバー(笑)

 

結局優勝トロフィーは、西条二区のものとなりました。

 

準優勝のトロフィーをもらい、再度一枚。いささか、さっきより力の抜けた表情のみんな。

img20131017_124334

 

 

 

 

 

 

 

 

 

でも、準優勝ですよ!?四日間集中を切らさず強豪といわれるチームから次々に勝利をもぎとり実に痛快でした。みんな本当にかっこよかったよ!!11月にまたある試合も楽しみにしています。

 

 

帰りの車中、いろんな思いをよぎらせながら運転していました。前回の3位入賞だってすごいのに、準優勝なんてすごすぎる!お見事!!という思い。

 

でも、ここまで来たならみんなに優勝トロフィー囲ませてあげたかったなぁ。あげたかった、ってなんだか変だけど私設応援団長としてはそんな思いがちょっと。

 

「計算ミスで、やっぱり優勝は清水新居!!なんてこと、ないかな・・・」とか考えていたら、折りしもカ-オーディオから流れていたのはフジファブリックの名曲、「若者のすべて」。 img20131017_181730

 

「♪ないかな・・・ ないよな・・・」

 

・・・・ないよねぇ。

 

みんなの笑顔と、寸前のところで優勝を逃した無念さと、プレーをできない自分の寂しさや不甲斐なさと、切ないメロディーラインとが一気にないまぜになって視界がぼんやりにじんでしまった帰り道でした。

昭和町 ふるさとふれあい祭り

こんにちは、キムちゃんです。

 

13日日曜日、昭和町の一大イベント、ふるさとふれあい祭りが押原公園で行われました。

町民に事前に配布されたリーフレットはコチラ。

img20131014_124040

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

商工会や自治会、企業のお店がたくさん並ぶので何を食べようか、何して遊ぼうか、悩みながらうろうろ歩きます!

また、ちびっこ向けにはミニSLやキョウリュウジャーショーがあったり、ステージでは地域の文化団体の発表や地元出身歌手「田中アキラ」さんの歌謡ショーが開かれ、今年のトリは平山みき&麻倉未稀さんが飾りました。

 

毎年このお祭りがとても楽しみな私。

以前は総合会館の駐車場や体育館駐車場などで開催されていたのでその辺に座って食べたり飲んだりし落ち着かなかったのですが、数年前に押原公園に会場を移してからはとてもくつろいでお祭りを楽しめるようになりました。レジャーシートを持参して出かけ、一日のんびり過ごします。

 

img20131014_123950

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

シートに座り、ビールを飲みつつ、定番の焼きそばや焼き鳥以外にも毎年何か目新しいものを食べてみることにしています。

 

今年はあまちゃんで話題になった「まめぶ」を販売している出店を発見!じぇじぇじぇーー!!

限定100食なんて書いてあり、こりゃ味わってみない手はありません。

 

img20131014_123923

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと食べ始めてからの写真なので減ってますが・・・

濃い目の甘じょっぱいおつゆの中に人参、かんぴょう、油揚げ、そしてくるみと黒砂糖をくるんだお団子が入っています。

あまちゃんの言っていたとおり、甘いような、しょっぺーような、やわらけぇような、かてぇような、まさしくそんな感じ。コクがあって癖になります。ああ、うんめぇ・・・!

一緒に食べたMさんの息子Hくんは「寒い時に食べたらおいしいだろうなぁ」とコメント。確かにあったまりそうです。

 

広々とした公園でのどかに過ごすこのお祭りは、今年で25回目を迎えました。これからもずっと続いてほしいものです。

二つの運動会

こんにちは、キムちゃんです。

絵に描いたような秋晴れのもと、先週末は土日それぞれ運動会が開催されました。

 

まず28日(土)は、息子たちが通う小学校の運動会。次男にとっては小学校生活初めての、長男にとっては最後の運動会でした。

次男たちはリレーに玉入れ、にんじゃりばんばんのお遊戯。

長男たちはリレーに障害物、組立体操。

残暑厳しい中練習してきた成果が発揮された素晴らしいものでした。

img20130929_224217

 

 

翌日の山梨日日新聞にも組立体操のクライマックスを大きく取り上げていただきました!

 

 

 

 

 

 

 

自分の子供が出る競技をくいいるように見つめて応援するのはもちろんなんですが、最近ではそのお友達が頑張る様子を見るのも大変楽しみです。結果全学年の全競技を見ることとなり、お弁当の時間以外は立ちっぱなしで見学です!

特に各学年のリレーと毎年3,4年生が躍るソーラン節はかっこよく見ごたえたっぷりで、知っているお子さんを探しては鳥肌立てて感動しています。

 

そして29日(日)は地区の運動会が開催されました。

地区内の組対抗で得点競技を行います。私も「ホール・イン・ワン」と「釣りバカは誰だ!」という競技に参加させていただきました。

ゴルフの要領でボールを輪っかの中に入れるものと、釣竿で針金のついたビール瓶を釣り上げるといったもので一見簡単なようですが、これまたやってみるとなかなか難しく、何回かやってうまくいかないとプレッシャーでものすごくあせります。

 

さて、子供たちはお神輿を担ぎました。

img20131001_122106

 

 

 

高学年の子たちは担ぎ・・・

 

 

 

 

 

 

img20131001_122125

 

 

 

 

低学年の小さな子たちはお神輿から出ている紐を持ち、ねり歩きました。

 

 

 

 

 

shareimage20131001_224024

 

 

 

 

 

 

 

 

大きなうちわであおいでくれるのは中学生たち。

 

 

 

 

 

 

img20130929_224450

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

img20130929_224610

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はお楽しみの抽選会です。

去年、我が家は長男だけの参加でしたがなんと特賞の自転車を当てて帰ってきました!

 

長男のその喜びようは大変なもので、冬休みの宿題「冬休みの友」の「今年の三大ニュース」の第一位の欄に「地区の運動会で自転車が当たったことです」とまで書いたほどでした。

 

今年はどうかな・・・ドキドキしながら十位から発表を聞いていると、第四位の高級ブドウをゲット!いやー、今年も運よく当たって嬉しかったです。

 

前回の記事では「食欲の秋」ときっぱり言い切り止まらない食欲を季節のせいにしましたが、そういえば秋はスポーツの秋でもありましたねぇ。食べたら動かなきゃいけません・・・。

まだまだ暑い日があるとは言え、真夏のそれとは大違いです。外で体を動かすことは気持ちよく、すがすがしい週末を過ごす事が出来ました。