行政代執行に着手

先日中央市で、空き家対策に関する条例に基づく行政代執行により、倒壊の恐れのある住宅を取り壊す作業を始めました。

行政による強制撤去は、県内初となります。

解体に要した費用は約90万円で、市が一時負担をし相続人が見つかり次第徴収するそうです。

各自治体では、「空き家対策課」などを設け本格的に始動しています。

知らない間に撤去され高額な費用を請求される前に、空家の管理や処分にお困りの方

ぜひご相談ください。