任意売却・住宅ローンの返済に困ったら 

任意売却はお早めにご相談ください。

不況の続く現在の日本では、何らかの理由で住宅ローンの返済ができなくなることが、誰にでも起こり得る世の中になっています。以前は、住宅ローンの返済が滞る理由には「過度な浪費」や「ギャンブル」で多重債務に陥ってしまったというイメージがありましたが、現在は「残業代カットやボーナスカットで収入が減った」「会社の倒産やリストラで収入がなくなった」など、やむを得ない事情で返済が難しくなっている方がたくさんいます。このことは、金融機関も重々承知です。差押え、競売になる前に任意売却等のお手伝いができるかもしれません。

任意売却とは

競売対象となる不動産(住宅ローンの滞納やその物上保証等)を競売開札までの期間に、債権者(金融機関など)の同意を得て債務者(ローン借主)の希望のもとに行なう不動産売却活動のことをいいます。山梨の任意売却は、きむら不動産へお任せください。

不動産物件の査定依頼

任意売却では以下7つのメリットがあります。

費用負担0円!

仲介手数料や司法書士報酬、マンション管理費などの費用は、任意売却による売買代金から精算されるので、売主様(所有者)の費用負担はありません。

誰にも知られず売却できます!

競売になれば、公告というかたちで新聞や業界紙、インターネットなどで公表されてしまい、隣近所の人に競売にかかったことが知られてしまいます。任意売却ならば、一般の物件と同様に売却できます。

引越し費用などの確保も可能です!

債権者との交渉を行い、引越し費用が確保できます。

競売よりも債務(借金)を多く減らすことができます!

任意売却は、市場価格に近い価格での売却を目指します。不動産競売に比べて一般的に高額で売却することが可能であるため、残債務が減り、その後の生活再建につながります。

自己破産を回避できる方法もあります!

任意売却後の残債務は、個人版民事再生法等の活用により、債務者と協議した上で、ご自身の可能な範囲で返済することができます。自己破産は最後の手段です。

精神的な負担を減らせます!

表面的には通常の物件売買と変わりません。競売のように法的手続による強制的な物件処分によって「取られる」ものではないため、債務者への気持ちのダメージも小さく、その後の人生をプラス思考で考えられます。

賃貸物件としてそのまま住み続けることが可能な場合もあります!

購入者(投資家)の希望する賃料の支払いが可能であれば、そのまま住み続けることも可能です。また、数年後に買い戻す特約を付けることができる場合もあります。

お客様情報
 
お名前 (必須)  
ご住所   ※郵便番号を入力すると、都道府県、市区町村までは自動で入力されます。
郵便番号  
都道府県  
市区町村  
番地以下  
ご連絡方法(必須)  
メールアドレス  
TEL  
FAX  
ご要望・ご質問