2013年7月31日(水)

悔し涙の3位入賞

第42回昭和町子どもクラブ球技大会は、私たちにとって特別な日となりました。

こんにちは、木村です。

 

先日妻がブログで紹介したとおり、子供たちは今年の夏もソフトボールの練習を頑張ってきま

した。

そして、第42回昭和町子どもクラブ球技大会は、私たちにとって特別な日となりました。

 

28日試合当日、子供たちは早朝にユニフォームを着て公民館に集合です。

公民館前のお地蔵様に手を合わせて勝利を祈念する姿がありました。

img20130730_065203

 

 

 

 

 

 

 

 

 

午前8時、気迫と緊張の中、押原中学校グラウンドにて第1試合・対飯喰戦の開始。

DSC_4786DSC_4685

 

 

 

 

 

DSC_4788 DSC_4756

 

 

 

 

 

DSC_4746DSC_4714

 

DSC_4696DSC_4777 (1)

 

 

 

 

 

DSC_4698DSC_4787

 

DSC_4784DSC_4755

 

 

 

 

 

 

 

 

 

H君の2ホーマーやY君の適時打で乱打戦を制し、見事27対14で1回戦突破!

DSC_4762

 

その後も清水新居の快進撃は続きます。

2回戦・対西条一区戦はT君の好投とバックの好守備が光り、16対10で3回戦へ!

 

3回戦では決勝進出をかけて紺のユニフォーム・紙漉阿原と戦います。

img20130731_062442

 

DSC_4711DSC_4740 DSC_4789

 

 

 

DSC_4752DSC_4791DSC_4738

 

 

 

 

DSC_4781DSC_4793DSC_4794

 

 

 


 

 

 

 

 

 

激闘の末、結果は惜しくも3回戦敗退(ベスト4)。11対10のわずか1点差に涙を飲みました。

 

 

img20130728_151730

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

優勝を狙っていた清水新居チームにとっては惜しい結果となりましたが、子ども達は悔し涙し、大人たちは感動をもらった、素晴らしい一日となりました。

 

img20130731_220119

 

表彰式の間も、涙が止まらない子ども達。

 

 

 

 

 

 

子ども達の熱い想いに、私達も日常ではなかなか感じることの出来ない気持ちを味わうことが出来ました。わが子Kは今回キャプテンを務め、これまでの人生で1番と言っていいほど、やる気と努力する姿を見せてくれました。

 

今大会の中で特にクローズアップしたいのは、野球経験の全くない4人の6年生です。

 

制球力と体力には定評のあるピッチャーのT君。

img20130730_065121DSC_4770

 

 

 

 

 

DSC_4748

30度越えの焦熱の中、たった一人で3試合を投げ抜きました。

お父さんとのピッチング練習も相当なものだったと聞いています。

フォアボールを一度も出さない見事なピッチングでした。

 

 

次に、大会ナンバーワンスラッガーの呼び声高いキャッチャーのH君。

img20130730_055607img20130730_055536

 

img20130730_055552

ほぼ毎打席予告ホームランの姿は高校球児も顔負けでした。

そして見事期待に応え、打率6割超の大活躍でした。

また、大会屈指の強肩の持ち主でもありました。

 

 

そして、ライトを守ったR君。

DSC_4695DSC_4696

 

DSC_4731

早朝の練習ではお母さんに起こしてもらう子供が多い中、R君は3年生の頃からずっと自分で起きて参加しています。

バッターボックスでの大きな構えは自信にあふれてとてもかっこよく、威圧感たっぷりでした。

 

 

最後に、清水新居のキャプテン、サードK君。

img20130731_064432DSC_4727

 

 

 

 

 

img20130731_064447

 

他の3人より参加年数が1年少なく、また華奢な体ではありますがキャプテンとしてこの大会にかける熱い意気込みはチーム1だったかもしれません。

いつも人の話を聞かないKですが、私の野球ルール解説だけはくいいるように熱心に耳をかたむけて聞いていました。

キャプテンとしての悩みもあったようで、夕食時、私や妻に「練習の時にみんながもっと声を出してくれるようにするには、どうしたらいいと思う?」と相談してきたこともあります。

強いリーダーシップで皆をぐいぐい引っ張っていくタイプではないのでキャプテンが務まるか心配しましたが、練習の出席率を上げる為に出席表を作り練習の始めに点呼を取ることにしたり、「試合開始の時には円陣を組もうね」と提案したりしているのを見ると、Kなりに色々考えているんだなあと思いました。

 

 

野球未経験ながらも努力を重ね、下級生たちを引っ張った4人。小学校生活最後の球技会、お疲れ様!

img20130731_065519

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、我らが燃える闘魂、O監督」。

IMAG0769_1IMAG0768

 

背中に「叶えたい夢がある」の文字の入ったTシャツがとても印象的でした。

 

O監督無しに清水新居チームの結束力はありえませんでした。

普段は優しく、ときに厳しく、O監督の熱血指導は子供たちのやる気を120%引き出してくれました。

早朝より、また休日までも監督の貴重なお時間を子供たちの指導に費やしていただき本当にありがとうございました。

img20130730_065259

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に全員で記念撮影。

監督の他にもご指導いただいたコーチや中学生たち、子供クラブの役員さん、応援に来て下さった地域の皆様に心より感謝申し上げます。