2014年2月23日(日)

大渋滞

大雪による影響は物流だけでなく様々なところに時間差で現れました。

こんにちは、キムちゃんです。

大雪による影響は物流だけでなく様々なところに時間差で現れました。

 

最も多くの県民が不便を感じたのは大渋滞ではないでしょうか。15日・16日は週末であったことと多くの人がまず家を車で出られなかったため、また17日は臨時休業になった会社が多かったため交通量が少なかったのですがその後18日あたりからはもう大変なことになりました。

大通りでも除雪が進まず、道路の中央部分に大量の雪が積み上げられているため普段片側二車線の幹線道路が一車線。私のよく利用するアルプス通りもそうでした。日中の交通量の少ない時間に写真を撮ったので空いていますが、朝の通勤時間帯は上りも下りもどうにもなりません。

img20140222_211457

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

向こうに連なる雪の壁は道路の反対側の端じゃありませんよ。中央部分に積み上げられた、除雪された雪です。これが渋滞の元凶です。

 

車線が少ないだけでなく右折レーンがないので右折車の後ろがずらーっと並んでしまったり、アルプス通りに山の手通りや美術館通りから曲がりたい車が渋滞のため曲がれないので周辺道路も大・大渋滞に。こんなことが県内のあちらこちらの道路で起きていました。

普段20分で到着するところに1時間以上とか、ひどいルートだと3時間半とか。本当に心身ともにくたびれる毎日でした。

そんな不便な道路状況でしたが21日朝に通ってみると、アルプス通り中央部分の雪が途中まで撤去されました。夜の間に作業が行われたようです。

img20140222_211536

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

撤去されたところとされていないところの境目。やりきれなかったようですね。でも大部分の車線が回復したおかげで、嘘のようにスイスイでした。

 

数日前からは世界最強と言われる新潟除雪車隊が県内に派遣され、雪国のノウハウを生かした除雪を行ってくれています。

毎日新聞サイトによると(画像お借りしました)上越市の除雪車には「甲斐の皆様 もうすぐ春です 頑張ってください」とのメッセージが。泣けました。